日本の英語教育はなぜいつまでもダメなのか

間違いだらけの英語教育

突然ですが皆さん、次の問題を解いてみてください。

二つの文章を英訳してください。

① セーターを裏返しに着てしまった。
② 日本政府は北朝鮮に政治的圧力をかけるべきだ。

いかがでしょうか? 冒頭にこの二つの和文英訳の問題を出したのは、この二つの問題を取り上げることによって、日本人の英語力がどのような性格を持っているのかということを明らかにすることができると思ったからです。

この続きを読む ▼

今すぐできる理想の英語教育

間違いだらけの英語教育

私は理想の学校英語教育の形というものは、「体育」や「美術」のような科目と同じような位置づけにあるものだと考えています。しかし実際はといえば、受験のために勉強する科目のうちのひとつという位置づけ……。これでは頭では理解できても決して身につかず、結果、「わかるけど話せない」人が増えてしまうのです。

たとえば、日本人のほぼ全てが学校で体育や美術の授業を受けますよね? その中で、100M走で足の速い人・遅い人はいても走ることのできない人は健常者であれば存在しません。また、美術の描画に関しても絵を描くのが上手な人・下手な人はいても絵を描くことができない人はまず存在しません。

同様に英語に関しても、話すことが上手・苦手はあっても、話すことができない人はいないという状態を作ることが、今後の英語教育には求められていると思います。そしてその一助となるべく、私たちランゲッジ・ヴィレッジが存在しているのです。

「使える英語」への処方箋

理想とすべき英語教育
大学受験での英語科目廃止論
英語は体育や美術のように
外国人講師による英語でサファリ
小学校英語指導者向け合宿
具体的な英語教育方法
英会話合宿(国内留学)と海外留学の比較
英会話合宿(国内留学)と英会話教室の比較
「英会話合宿(国内留学)」という解決方法

その他のサービス

書籍紹介Books Recommend

しなやか英語辞典 SHINAYAKA DICTIONARY

メルマガ MAIL MAGAZINE

公式フェイスブックページ 国内留学倶楽部 FACEBOOK

一般社団法人 日本実用外国語研究所 JIPFL

TEL:0120-536-730